タグ:カメラ ( 6 ) タグの人気記事

最後の一枚は、何を撮ろうか?

今更ながらPolaroid社のインスタントフィルム生産終了は、痛いですね。
我が家ではSX-70,SLR690,1200si,180が実働しておりますが、先が見えました・・・。
ストックを使い切ったらおしまいかぁ。どこか代替品を生産できるところは無いでしょうか?

写真表現の分野で、デジタル製品が使われ始めたころ、『真っ先に消えるのはインスタントだ』と言われましたね。そしてそのとおりになりました。私は今でも"フィルムかデジタルか”という議論は無益だと感じておりますが、『売れないものは作れない』という世界では、この二者択一になるのでしょうね。残念です。

180はフジのピールアパートフィルムFPシリーズが使えるので、今しばらくは使用可能でしょう。SX-70と690はコレクター行きかなぁ。使わないカメラを所有する余裕は無いです。1200は飾りにもならないので、子どものおもちゃ?

最後の一枚は、何を撮ろうか?と、考えていたら、いずれ135フィルムもそんなときがくるんだなぁ・・・。などと、寂しい未来(老後)を想像してしまいました。
私は家族を撮るのだろうな。
皆さんは、何を撮りますか?
[PR]
by leiji_loka | 2008-11-09 19:11 | 写真とカメラのこと

時を待つ

b0066383_1216776.jpg

Nikon 28Ti / NIKKOR 28mm F4.0 / RHPⅢ
Dimage Scan Multi Ⅱ (フィルム無補正スキャン)
[PR]
by leiji_loka | 2005-08-31 12:25 | 写真とカメラのこと

出会いは突然に

出会っちゃいましたジャンク品のOM-1。
b0066383_2283776.jpg


メインで使っていたアメブロさんが重すぎて使えないので、こちらをメインに切り替えます。当面は、ここで書いて行く予定です。過去ログの移行も検討中。
[PR]
by Leiji_Loka | 2005-07-03 22:15 | OLYMPUS

カメラの魔法

b0066383_13341100.jpg
不思議なもので、大好きなカメラを構えると良い写真が撮れたりする。
使用者のスキルが未熟であるほど、道具が使用者に与える影響は、
大きいのだろうなぁ・・・。

久しぶりにR6.2を引っ張り出してみた。
Zeiss大好きの私の手元にある唯一のLeica。
レンズはコストパフォーマンスの高いズミクロンの50mmF2.0一本。

この組み合わせで出かけると、楽しい。
ナンデカって、RTSとPlanar50mmF1.4だけしか持ってなかったころを思い出すから。
前にも書いたけれど、あの頃は、ほんとに楽しかった。
50mm一本しか買えなくて(ボディもレンズももちろん中古)
ファインダーの枠が目に焼きつくほど撮った。愚作を。
覗くだけでワクワクしたし、その興奮がプリントにも出ていたような気がする。

・・・

あれ?楽しい理由は、思い出のフィードバック?
じゃぁ、Leicaじゃなくてもいいじゃん・・・。

やっぱり私にはZeissなのか・・・。

もちろん、細かいことはさっぱりわからないし、腕も無いから、
Leicaが嫌だとか、国産メーカーのレンズはダメだとか言うつもりはない。
でも、私にとって「気分よく使えること」は、
道具を選ぶとき、何よりも重要なファクターとなる。

そういう観点でみると、私にはZeissのレンズが合っているのかな。
[PR]
by leiji_loka | 2005-04-13 00:01 | 写真とカメラのこと

minilux

b0066383_21385844.jpg
SUMMARIT 40mmF2.4搭載のコンパクトライカ。
ライカのレンズはこれの他にRマウントのSUMMICRON 50mmF2.0 しか使ったことがないので、いわゆる「ライカ的」な写りというのがどんなものかは分からない。ただ、このレンズ、よく写る。
「よく写る」という曖昧な表現をしたのは、私が細かい癖や、性能まで評価できる程使い込んでいないことと、もともと、そういった評価はそれほどの意味を持たないと考えているからである。
他のコンパクトカメラとは明らかに異なる写りをするし、それは良質なものであるから、選択の幅が広がるというだけで、例えばT3と比べてどちらが良いかなどという比較の仕方はしたくない。

露出はカメラ任せでそこそこOK。次に挙げる点が少し気になるところ。
 1.フォーカスを良く外す。
 2.内蔵ストロボの発光モードが一発で切り替わらない。
 3.40mmという長さは使いにくい。

1
調整がうまくいってないのか、こんなものなのかは不明なのだが、よくフォーカスを外す。条件も良く、特に難しい被写体では無い場合でもうまく捉えていないケースが多発。癖がつかめていないので、仕様によるものか不良なのかは判断できない。
2
ボディ上部のボタンで全部で8つのモードを切り替える。電源投入時はオート発光。よく使う発光禁止モードにするには毎回6回ボタンを押す必要がある。
3
これは、私の感覚と合わないだけかもしれない。現代の一眼レフでは標準レンズの50mmと広角の標準35mmの間をつなぐレンズはそれほどメジャーでないこともあって、慣れていないので感覚的に使いにくい。構えてから下がることが多い。
CONTAXの初代Tは38mmだけど、それほど違和感無く使える。数値的にはたった2mmのこの差が大きい。

そんなこんなであまり出番の無い機体ではあるが、私にとて初めてのライカであるので、なんとなく手元にある。
[PR]
by leiji_loka | 2005-02-16 21:39 | LEICA

RTSⅡ+W-3

b0066383_21354193.jpg

まっぴるまからカメラを愛でる・・・。
今日は1/2日。こんな日でなければ、休めと自分に言い聞かすことは難しいです。
それはトモカク、一緒に日向ぼっこをしていたのは、画像のCONTAX RTSⅡ。
これ、とても良いカメラです。ヤシカ(京セラ)コンタックスの中では、一番気に入っているボディですね。「触れれば落ちるシャッター」にメリットを感じたことは少ないですが、巷で囁かれるほどトラブルもなく、長いこと私のメインカメラでした。
ワインダーW-3は、激しく巻き上げます!
そいて非常に重いです(^^;
単3乾電池を6本使って、激しく巻き上げます!
グリップは重宝します。縦位置のレリーズボタンもついていますし・・・。
でも、激しく巻き上げるんです!(^^;
個体差なのかもしれませんが、フィルムを引きちぎらんばかりのこの巻上げ音は、お世辞にも上品とは言えず、大きなマイナスポイントですね。
そういえば、カメラ単体でのレリーズ音も、どこか尖がった感じで上品さに欠けます。
でも、手放せないんです(^^; 何度も、売りに出そうと考えました。その度に、RTSⅢやRXⅡ、Aria・・・AX!などなどいろいろ使ってみるのですが、どうしてもココへ戻ってきてしまいます。
Y/Cマウントのレンズを使うには、やはりこのボディだと思いなおし、再び手にとってしまうのです。 もう、こうなったら効率や、合理性の問題ではありませんね。

病気です(:。;

部品の供給も止まり、基盤修理が困難というアナウンスがあって久しいですが、このコには、まだまだ現役でがんばってもらいたいものです。
愛車と共にマイカメラと言える一台を我が子に引き継げる日まで…。
[PR]
by leiji_loka | 2005-01-02 13:34 | CONTAX

心に映る事象の記録


by loka

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

カテゴリ

全体
CONTAX
LEICA
OLYMPUS
PENTAX
Nikon
Canon
GRD3
その他
デジタル
MiniとJimと
写真とカメラのこと
word only
iPhone4s
未分類

以前の記事

2013年 08月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

記事ランキング

その他のジャンル

ファン

ライフログ

Jazz

ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト (Live at Top of the Gate) [2CD] [輸入盤]


On Green Dolphin Street


Waltz for Debby


ザ・シーン・チェンジズ+1


Alone


Everybody Digs Bill Evans: Keepnews Collection

ブログジャンル

日々の出来事
恋愛・結婚

画像一覧